未分類

【株式会社スペイシー】「良いことは人に教えたくない」という考えもあると思いますが、まさにそのように思えるのが小野先生の魅力だと思います。

by 弁護士 小野智博

・御社の企業概要について教えてください。

当社は2013年10月に設立し、従業員10名程度で、会議室のシェアリングサービス、スペイシー( https://www.spacee.jp )」の運営を行っています。

一般的に都内などで会議室を借りるとなると、3時間で5,000円や午前、午後、夜間で一括りで予約をしないといけない会議室が多くあったり、駅前の会議室は平日でもすぐに埋まってしまったりすることがあります。

当社では、主に首都圏を中心に、企業の会議室で使われていない部屋を「スペイシー」に登録させていただき、1時間500円~1,000円という低価格で借りられるシェアリングサービスを行っています。

企業の会議室の他、飲食店の会議室を利用させてもらうなど、全国で約4,000弱の部屋を登録し、多くの方に利用いただいています。

企業からすると普段使用していない会議室を他の方に利用してもらうことで、一定の収入を得ることもできますし、メンテナンスを行う目的としても意義があります。利用者からすると、低価格で30分単位から会議室を借りることができるため、「商談で会議室を借りたいけど空きがない」「カフェで打ち合わせをするには心もとない」といった際に有効活用してもらえると考えています。

 

・小野弁護士に顧問を依頼することになったきっかけを教えてください。

1年ほど前に当社の取締役が、スタートアップ企業を対象とした懇親会で小野先生と会いました。ちょうど当社のビジネスが軌道に乗り始め、今後ビジネスを加速させるうえで弁護士を探していたのですが、その取締役が是非、社長である私も一緒に話をして欲しいということでお会いし、顧問契約を締結させていただきました。

顧問契約の締結をして1年程度ですが、日常的な法律相談に加えて、ビジネスパートナーとしても多くのヒントや気づきを得ることができています。

 

・小野弁護士を選んだ理由を教えてください。

ビジネスが拡大するにあたり、複数の弁護士を検討していたのですが、そのスタートアップ企業を対象にした懇親会で当社の取締役が小野先生と会ったことがきっかけとなりました。もともと、当社の取締役は滅多に人を褒めないのですが、その取締役が推薦してきたこともあり、それは間違いないのではないかと思いました。

取締役から聞いた小野先生の印象として、一般的な弁護士とは違い、法律の相談だけでなく、法律を駆使してビジネスを加速させるアドバイスをしてくれる気がしたということと、レスポンスの速さや提案力についても非常に素晴らしく、頼りになると思ったそうです。

私も実際に顧問契約をしてから、小野先生と定期的に相談をさせていただいたり、時には雑談のなかでビジネスのアイデアをもらうこともあるのですが、付き合えば付き合うほど、素晴らしいと感じますし、当社にとっても非常に大きな力になっていると感じています。

 

・普段どのような相談や依頼をしているか教えてください。

主に契約書のリーガルチェックをお願いしています。チャットワークを導入して、当社の従業員も小野先生に質問や相談をできる体制を組んでもらっているのですが、新規事業に関する契約書や利用規約のドラフトをレビューしてもらうこともあります。

小野先生に当社の近況報告をする機会が定期的にあるのですが、その会話の中から新規事業についての対応方法やアイデアをもらえることもありますし、そこから法律相談に入っていくこともあります。

小野先生以外の弁護士も知っていますが、一般的な弁護士は弁護士としての法的な意見と、ビジネス面については一般的な観点で話をされることが多いと感じます。

一方、小野先生は事業会社の取締役をされていることもあり、弁護士としての法的な側面に加え、ビジネス面での意見や知見を与えてくださるので、そのような法律相談の中にあるコンサル的な要素に価値を感じています。

 

・顧問契約を結んでよかったと思うこと(エピソード)を教えてください。

昨年の年末に仕上げないといけない仕事があったのですが、小野先生は年末の夜間にも関わらず、深夜1時過ぎまで、一緒にその仕事を進めてくださいました。

とても熱心にやってもらったのですが、これまで弁護士という以上に、社外の方でそこまでやってくれる方は初めてでしたので、非常に頼もしく感じました。

・小野弁護士は御社にとってどのような存在か教えてください。

一言で言えば、「心強いパートナー」だということです。

単純に「顧問弁護士」としての法的なアドバイザーという側面だけでなく、ビジネス面でもヒントを多くもらえる戦略面での良さも感じており、今後は当社のビジネスを加速させるうえでも、小野先生の強みであるビジネス面での知見をもっと生かしていきたいと思っています。

 

・(弁護士との顧問契約を検討している)他の企業に向けたメッセージをお願いします。

小野先生という顧問弁護士は世の中に1人しかいません。

そのため、小野先生が担当する企業があまりに増えて、逆に私たちに対応してもらえる時間が減ってしまったら困ります(笑)

「良いことは人に教えたくない」という考えもあると思いますが、まさにそのように思えるのが小野先生の魅力だと思います。