業態転換で企業の成長を加速させる リーガルアクセラレーター 業態転換で企業の成長を加速させる リーガルアクセラレーター
about電子帳簿保存法 とは
電子帳簿保存法は、原則として紙での保存が義務づけられていた税務関係の帳簿や書類を、一定の要件を満たせば、電子データ(電磁的記録)で保存することを可能とした法律で、1998年に制定され、都度改正を繰り返しながら、時代の状況に合わせてきました。2022年1月の施行時には、さらに改正を行う予定で、2021年7月16日にその方針が国税庁より一問一答形式で、公開されました。
3つの視点で最適な業態をアドバイスします。 [営業面]販売戦略のアドバイス→顧客を獲得する、[収益面]有利な契約をアドバイス→利益を確保する、[コンプライアンス面]法的リスクのアドバイス→事業に伴う危険を回避できる 3つの視点で最適な業態をアドバイスします。 [営業面]販売戦略のアドバイス→顧客を獲得する、[収益面]有利な契約をアドバイス→利益を確保する、[コンプライアンス面]法的リスクのアドバイス→事業に伴う危険を回避できる
Before(改正前)
メール等で電子的に受け取った請求書は、紙に印刷して保存することが可能
リーガルアクセラレーター リーガルアクセラレーター
After(改正後)
電子で受け取った請求書の紙での保存ができなくなり、企業はその対応が必要
スタートアップ企業の早期拡大に実績のある、ビジネス目線の弁護士が応援します。 スタートアップ企業の早期拡大に実績のある、ビジネス目線の弁護士が応援します。

電子帳簿保存法は、企業の請求書業務のDX化を推進させる一方、対応にあたっては業務フローの構築やシステム導入を伴う点で、企業には負担を強いてしまいます。特に、2022年1月の改正法の施行に伴い、電子で受け取った請求書の紙での保存ができなくなり、企業はその対応に追われています。ファースト&タンデムスプリント法律事務所では、国内企業の円滑な電子帳簿保存法への対応を支えるべく、その要点や対応事項を正しく伝えるため、電子帳簿保存法に精通している弁護士・税理士による社内研修は業務フローの構築の支援を行っています。

業務内容

  • 社内研修

    電帳法の改正と企業に求められる対応について、社内研修を行います。

  • 告知資料の準備

    電帳法改正に伴う請求フローの変更など、取引先への告知資料の準備を支援します。
    社内向けの説明文書の整備を支援します。

  • 電帳法関連相談

    企業において業務上発生する電帳法に関する法律相談にお答えします。

  • 新業務フローの
    定着・運用支援

    改正法に対応した新たな業務フローの定着・運用について、法的観点から支援します。

Price

選ばれる理由

ご相談の流れ

  1. 平日・休日・時間帯問わず、いつでも、メールフォームに必要事項をご記入の上、
    送信してください。

  2. 原則として24時間以内に、当事務所からメールを返信させていただきます。

  3. 貴社の現状、ご要望を詳しくお聞きして、法律上の問題点を整理した上で、見通しや、
    解決の方法について、具体的にアドバイスいたします。

【ご注意事項】
電話でのお問い合わせは、対応しておりません。
企業でない個人の方に関しては、ご相談をお受けしていません。