海外進出

中小企業こそ海外へ

by 弁護士 小野智博

日本企業の海外進出というと、その難しさとして、日本とは異なる法律、ビジネス習慣、文化、言語や考え方が壁となり、ともすると消極的になりがちかもしれません。大企業ならともかく、人的・資金的リソースが比較的少ない中小企業であれば、なおさらかもしれません。

しかし、私は、日本の中小企業こそが積極的に海外に進出して、新たなマーケットでの挑戦をすることを強くお勧めしたいと思います。

海外展開に挑戦している私のクライアントの多くは、地方の中小企業です。その経営者の方々は、その動機を以下のように仰います。
「今は利益を出せているが、例えば20年後、日本の人口が減少を続けてマーケットが縮小したときに、今と同じことをしていたら絶対に生き残れない。」

このような生き残りをかけた危機感と、同時に、「せっかく世界に売れる商品・サービスを持っているのだから、世界の大きな市場を開拓するチャレンジをしたい。」という期待を胸に、中小企業の経営者は海外を目指します。

ひと昔前は、日本国内で自社の売上を伸ばし、東京で一旗あげて、その後初めて海外に挑戦するということが当たり前でした。でも今は違います。地方から直接、海外を目指せる時代です。私たちのような専門家の支援も、ITの進化のおかげて、地方まで直接に行き届いています。

日本の中小企業には、大企業にはない意思決定の迅速性や機動性と、高度の専門性を持っています。

人的・資金的リソースが大企業に比して弱くとも、私たちのような専門家の支援や、外部からの資金調達を確保できれば、十分に海外で戦うことができます。

また、激しく変化し続ける昨今の経済環境においては、中小企業の機動性は、大企業に比べてアドバンテージとなります。ぜひ積極的に海外に進出し、世界市場で勝負しましょう。

私たちが全力でサポートいたします。