Professional海外事業プロフェッショナル

David A. Makman
米国弁護士

プロフィール / Profile

特許および知的財産権の訴訟を専門とする。エレクトロニクス、半導体製造、ソフトウェア、その他の技術関連の特許権侵害訴訟の経験が豊富。また、著作権、商標、インターネット法に関する知的財産コンサルティングの経験も有する。2007年以降の業務拡大に伴い、ビジネス訴訟およびコーポレートガバナンスの問題にも対応。日本語と英語のバイリンガルであり、日本語での対応が可能。北カリフォルニア・ジャパンソサエティの理事長を務める。

 

David Makman specializes in patent and intellectual property litigation. He has experience in high stakes patent infringement litigations involving electronics, semiconductor manufacturing, software, and other technologies. He also has intellectual property consulting experience with copyright, trademark, and Internet law. Since 2007, he has expanded his practice and is handling commercial litigation and corporate governance issues. Mr. Makman is bilingual; he reads and speaks Japanese. He is the Chairman of the Board of the Japan Society of Northern California.

メッセージ / Message

「契約違反や、アイディアの盗用といったトラブルがあれば、ご遠慮なくご相談ください。」アメリカでビジネスを行う日本企業の方も、訴訟についてご心配には及びません。訴訟はアメリカでは一般的なものであり、ビジネスや政治的目標を達成するための手段ともいえます。わが法律事務所では、原告・被告の両立場から連邦裁判所および州裁判所で訴訟を担当した経験がございます。契約や知的財産、雇用に関する案件を扱っています。

“If they break their promise or steal your idea, don’t hesitate to call me.”  Japanese companies doing business in America should not be worried about the prospect of litigation.  Lawsuits are common in America and can be used by companies to further their business and political goals. My firm has experience with litigation in federal and state court as Plaintiff and as Defendant.  We handle disputes over contracts as well as intellectual property and employment.

取り扱い分野 / Areas of Practice

知的財産法
ビジネス訴訟

 

Intellectual Property Law
Commercial Litigation