販路開拓

海外進出・海外展開:海外進出を検討する際には必須!事業計画と法的リスクの検証

by 弁護士 小野智博

事業計画に関する基礎知識

海外への事業展開は、「新しい市場」「新たな収益源」「再投資による高い利益率」「製品開発の活性化」など、ビジネスの成長につながる戦略的な行動です。つまり、海外進出は、多くの企業にとって心躍る展望ともいえるでしょう。

一方で、海外進出には様々な課題も伴い、ときには不発に終わることも少なくありません。ここで重要なのは、海外進出におけるビジネスの成長はマラソンのようなものであり、短距離走ではないことを意識することです。

本稿では、海外進出を検討するにあたり、企業が短期および長期の事業計画を立てる際に留意すべきポイントをまとめていきます。

海外事業計画とは

海外事業計画とは、企業が海外市場に参入し、プレゼンスを確立し、迅速に利益を上げるために用いる、公式で多層的な戦略計画のことを指します。海外展開戦略は、成長をより構造化し、持続可能なものにする上で不可欠であり、適切に構成された計画であれば、事業拡大のリスクを軽減し、グローバル展開のためのリソース、スケジュール、資本の効率的な利用を促進します。

海外事業計画には、以下のような基本要素が含まれます。

事業計画を作成する目的

企業は、海外に進出することで、国際的な投資を呼び込むことができ、自国内には存在しないような機会から利益を得ることができます。

 

海外進出時の事業計画を作成することの必要性

海外進出は、新しい市場を開拓し、企業を長期的な成功に導く可能性を秘めています。しかし、確固たる事業計画、戦略なくして、その実現は不可能に近く、遅延や余分なコスト、リソースの浪費を招きかねません。

海外進出時の事業計画を作成することで、以下のことが可能になります。

海外進出を実施することの明確化

ビジネスの拡大に踏み切る際には、それがローカルなものであれグローバルなものであれ、まずは明確な企業目標を設定することが必要です。そうすることで、短期、中期、長期の方向性および目的とともに、ビジネスを持続的に前進させることができます。

全社的な目標を設定することで、海外進出が自社のビジョンにどのように位置づけられるか、どのような目標の達成に役立つかを理解することができます。また、海外進出に優先順位をつけ、適切な予算を確保し、展開の各ステップをいつまでに達成しなければならないかを明確にすることができます。

目標を設定する際には、海外進出を実施することの主な目的は何であるべきかを明確にします。たとえば、以下のようなものが考えられます。

また、海外進出における明確な企業目標を設定する上では、以下の要素に留意するとよいでしょう。

資金調達時の活用

新規に海外市場に参入する最初の段階では、まだ収益がありません。そのため、資金調達の選択肢は限られてきます。具体的には、以下のような方法を検討できるでしょう。

キャッシュフローの利用

既存の事業があり、キャッシュフローがプラスである場合、この方法が最も適しています。
ただし、キャッシュフローの創出を待つことになるため、キャッシュフローが予定通りに入ってこない場合、海外進出計画が遅れ、その間に競合他社が参入してくる可能性があることなど、市場機会を失う恐れもあります。

銀行

一般に、銀行は、その企業がすでに他の同様の市場で成功していることが証明されていない限り、新規の市場参入に融資することに消極的です。融資してもらえるかどうかは、明確な事業計画とその実現可能性によって、銀行を説得できるかにかかっています。

政府による補助金や融資

様々な政府が海外誘致を促進するための施策を講じています。ノウハウの共有によるビジネス進出サポートはもちろん、補助金、ソフトローン、保証などの資金的サポートなどを実施している場合もあります。

補助金の活用はコスト削減の上で大きなメリットとなります。例えば、シンガポールは、市場調査やビジネスマッチングにかかる費用の70%を負担してくれる制度がありますし、オーストラリアやオランダは最大50%までの事業への補助金が見込める制度があります。また、イギリスやアメリカにおいても同様な補助金制度があります。

また、補助金ではなく政府保証を利用することも資金調達の上でメリットが大きいでしょう。政府保証があれば、前述の銀行からの資金調達のハードルが低くなります。

投資家

自社の製品やサービスを海外でも販売できることを示すことは、そのコンセプトの拡張性を証明することにもなります。つまり、海外進出計画は、企業にとっては、株主価値を高めることができます。

海外市場参入のための資金調達であれば、投資家は企業側が提供する情報を非常に重視します。この点からも、企業は幅広い市場調査を実施し、実現可能性に優れた事業計画を立てる必要があるでしょう。

クラウドファンディング

クラウドファンディングは、一人または複数の大口投資家の代わりに、多くの小口投資家を見つける方法です。例えば、消費者向け製品を販売している場合、クラウドファンディングとしてインターネットを通じて、市場未開拓の国であっても、予約注文を開始することができます。

そして、もし、クラウドファンディング上で十分な数の人が自社の製品を予約し、代金を支払えば、未進出の国でも購入できるようにする、という手順です。ただし、これは販売であって融資ではないので、受け取った金額は通常の販売のように税金がかかります。

必要な事前調査の把握

企業の目標を設定し、海外展開のための資金調達に目処がついたら、参入を希望する市場について徹底的な調査を行う必要があります。市場調査をうまく行えば、収益性を最大化し、リスクを低減し、ステークホルダーや投資家に海外展開計画には裏付けがあることを納得してもらうことができます。

ここでは、新しい市場に参入する前に確認すべき基本的な項目を紹介します。

OECDのような国別データベースなど、ターゲット市場の調査を容易にするツールは数多くあります。必要な事前調査を行うことで、海外進出の戦略上、どの市場を優先すべきか、より明確な判断材料が得られるでしょう。

 

海外進出を検討する際に確認しておくべき法的リスク

法律や規則に違反することなくスムーズに海外に進出することは、海外進出をする企業にとって最重要課題のひとつとなります。海外進出先の法的リスクとして、次のような場面でトラブルとなる傾向があります。

海外進出に付随する法的リスクを軽減するためにはどうしたらよいのでしょうか。人事、給与、財務、法務のバックオフィス業務を現地のビジネス文化や契約に精通した専門の弁護士に相談することがポイントです。その上で、必要に応じてアウトソーシングすれば、コスト効率がよく、競争力のある方法で、迅速かつ容易にグローバルに事業を拡大することができます。

 

弁護士への相談で海外進出を適法かつスピーディーに実現

海外進出戦略において、現地の法的構造や規制要件は企業の大きなハードルとなります。そこで、現地のビジネス文化や契約に精通した専門の弁護士に相談し、以下のような点で海外進出の事業計画策定をサポートしてもらうと良いでしょう。以下では、特に米国での海外進出を想定して項目を挙げています。

企業が海外進出することには多くの利点がありますが、確固たる事業計画・戦略を持たずに行うと、失敗する可能性があります。本稿で紹介したグローバル展開戦略のヒントを参考に、事前に十分に計画を練ることで、有利な新市場でのビジネスを成功させることにつながるでしょう。
ファースト&タンデムスプリント法律事務所では、弁護士によるご相談やリーガルチェックのご依頼をお受けしていますので、いつでもお問合せください。

※本稿の内容は、2022年9月【記事作成年月を記載してください】現在の法令・情報等に基づいています。
本稿は一般的な情報提供であり、法的助言ではありません。正確な情報を掲載するよう努めておりますが、内容について保証するものではありません。

執筆者:弁護士小野智博
弁護士法人ファースト&タンデムスプリント法律事務所

当事務所のご支援事例

業種で探す ウェブ通販・越境EC  IT・AI  メーカー・商社  小売業 
サービスで探す 販路開拓  不動産  契約支援  現地法人運営  海外コンプライアンス 

ご相談のご予約はこちら

弁護士法人ファースト&タンデムスプリント法律事務所 ロゴ

弁護士法人ファースト&タンデムスプリント法律事務所
(代表弁護士 小野智博 東京弁護士会所属)
 03-4405-4611
*受付時間 9:00~18:00